N高等学校、学習塾向け説明会を初開催 プログラミングや職業体験などコースも充実


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. その他
  4. N高等学校、学習塾向け説明会を初開催 プログラミングや職業体験などコースも充実

その他 N高等学校、学習塾向け説明会を初開催 プログラミングや職業体験などコースも充実

配信元:私塾界 11月06日08時43分

N高等学校(N高)はインターネットと通信制高校の制度を活用した学校として、2016年4月に開校。今年9月、学習塾を対象にした説明会が初めて開催された。

同校の基本コース『Basic Program』は、映像授業、課題やレポートの提出もインターネットを介して行う。コミュニケーションツールを利用することで日本各地の生徒と繋がることができ、スクーリングは沖縄本校(プレミアムスクーリング)を筆頭に、11ヶ所で行われる。
 N高では、生徒一人ひとりに担任がつき生活や学習をサポートする。例えば、各単元の終わりに提出するレポート課題の提出が遅れると担任が電話でフォローしている。

このBasic Programに加えて、さらに多様な学びができる『Advanced Program』も用意されている。
 大学受験を目指すための「大学受験対策授業」、トップエンジニアによる「プログラミング授業」、日本各地で泊まり込みをしてリアルな職業を体験できる「職業体験」、スタンフォード大学の2週間のプログラムを体験する「国際教育プログラム」などコンテンツも多彩だ。

また、N高のノウハウを活用した学習アプリ『N予備校』についても説明があった。N予備校は、インターネットを介した「双方向の生授業」で、添削は自分の回答を写真やスクリーンショットで送り、先生と生徒が双方向に受け答えできる。テキストは完全オリジナル。ベーシック、スタンダード、ハイレベルの3つの大学受験コースに加え、中学復習講座も用意し、英語のリスニング教材、授業と連動した問題集やその解説動画も用意されている。また、Webアプリやスマホアプリの開発などを学べるプログラミングコースも開講している。
 N高生はこれらの講座に加え、文芸小説、アニメ、ゲーム、イラスト、美容、パティシエなど、多彩なエンタメ系・クリエイティブ系の講座を、無料で受講できる。
 今年4月から通学コースが開校した。基本的に映像授業のため、週1で担任助手とのグループ面談、月1で担任とのマンツーマン面談を設け、生徒とのコミュニケーションを重視し、学校生活を支援する。週5日、3日、1日通学の3つのコースが用意されている。
 アクティブ・ラーニング型講座『スペシャルN』『プロジェクトN』など多くの特別講座を用意。スペシャルNでは、グループワークやプレゼンテーションをしながら、各業界の第一線で活躍する特別講師からのフィードバックを受けることができる。
 ネット・通学コースの第1期出願は、9月25日から10月31日。第2期は11月1日から30日、第3期、第4期と募集が続く。早期出願特待生(第3期まで)として、現中学3年生を対象に、プログラミング講座や中学復習講座などの受講、コミュニケーションツール「slack(スラック)」を一足先に体験できる。通学コースのみ面接と課題作文の試験がある。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる