平成28年度教員勤務実態調査の集計(速報値)を公表 文部科学省


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 教育問題
  4. 平成28年度教員勤務実態調査の集計(速報値)を公表 文部科学省

教育問題 平成28年度教員勤務実態調査の集計(速報値)を公表 文部科学省

05月08日08時39分

文部科学省は4月28日、平成28年度教員勤務実態調査の集計(速報値)について公表した。

それによるとこの調査は、株式会社リベルタス・コンサルティングに委託して行われたもので、教員の勤務時間に係る部分の速報値が取りまとまったので公表したという。

調査結果によると、1週間当たりの学内総勤務時間について、教諭では小学校は55~60時間未満、中学校は60~65時間未満、副校長・教頭では小学校は60~65時間未満、中学校は55~60時間未満の者が占める割合が最も高かったという。

また、前回調査と比較して学内勤務時間は増加しているが、持ち帰り業務時間は若干減少していたという。


■教員勤務実態調査(平成28年度)の集計(速報値)について(概要)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/04/1385174.htm

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる