七里ヶ浜楓幼稚園の実態


七里ヶ浜楓幼稚園の実態/幼稚園・保育園掲示板

  • RSS
  • yahoo
  • hatena
  • google

【42188】七里ヶ浜楓幼稚園の実態

2018年10月14日 20:28
稲村ジェーンさん 神奈川県の江ノ電沿線にある七里ヶ浜の楓幼稚園について実態についてお話します。以前勤めていた者ですが、ここは経営者がきちんと現場を把握していないので、一部のパート職員が自分の好きなようにシフトを組んでいて、それに嫌気がさして辞めてしまう人が続出しています。大体の私立幼稚園がそうであるようにここも家族経営ですが、園長は実際の現場をほとんど知らないと思います。また園長の娘さんが事務方にいるのですが、そ人事をパート職員に任せてしまっていますので、その人が自分の都合のいいように、自分のやりたいようにシフトを組んでいます。本来雇用関係は園と個人のはずです。何故、一パートが他のパートの人事を好き勝手に出来るのか。そのことで嫌な思いをしている人が今までどれほどいたのかを、園長もその娘さんも知らないのでしょう。いい人がどんどん抜けて行ってしまい、結果的には園が損をするということが分からないのでしょうか。

ここはモンテソーリ教育を2歳で取り入れているのですが、年少から上にはまったくつながらないというか、生かされていない仕組みになっています。年少以上の専任教諭がモンテソーリをまったく理解していないし、そもそもクラス経営に生かそうともしていません。せっかく一年かけて落ち着いた雰囲気の中でモンテソーリの教育を行っていても、年少以上ですべて消えてなくなってしまいます。こういうところにも首尾一貫した教育というものがまったくなされていないことがわかります。

また、ここの専任教諭はお互いに意思の疎通はなく、上の立場にいるベテランが下を教えません。アドバイスもしません。非常に冷たく、突き放し、見てもいません。自分のクラスだけ、学年でクラス間格差が出ないように皆で協力というような雰囲気は一切ありません。現場の中心になるような教諭がそういう雰囲気なので、現場全体が非常にギスギスしています。コミュニケーションもありません。朝に職員室で挨拶をしても顔すらあげず声も出しません。知らん顔で仕事をしています。気持ちよく働けない職場の雰囲気がありますね。みんないつも怒っているような雰囲気です。何がおもしろくないのか、不平不満の塊のように感じます。

行事は非常に多いと思います。行事をこなすための毎日という感じです。子供が落ち着いて一つの事に取り組むという時間は取れていません。それも結構思いつきのように行事が入ったりもしますので、現場は常に仕事に追われている状態です。だからギスギスするのかもしれません。外遊びも少なく、担任がそもそも外にほとんど出てきません。本来なら担任がクラスの子たちとたくさん遊ぶというイメージがあると思いますが、ここではそれはほとんどありません。担任は事務仕事に追われて教室は入ったままです。園の方針もあるのでしょうが、もっと担任が子供たちとしっかり向き合えるようなゆとりのあるカリキュラムを組んだ方がいいと思います。段取りのいい教員のクラスは淡々と行事をこなしていきますが、そうではない人のクラスは、いつも慌ただしく子供たちも落ち着かず、なにもかもが中途半端に終わってしまうような感じです。教員の力量の差も大きいと思いますが、お互いの連携や意思の疎通がまったくないのが原因だと思います。

園長と、二人の娘さんが園で働いています。ただ、3人とも実際の素顔の現場を知りません。いずれ代替わりするのでしょうけど、果たして大丈夫なのか、非常に心配しています。


返信する - このコメントが参考になった はい 0

コメントはまだありません。あなたが最初の返信者になりませんか?


返信する
名前[必須項目] #でトリップの利用が可能です
本文[必須項目] 本文内にはhttpから始まるURLを入力することができません
認証[必須項目]
文字が読み取りづらい場合はページを更新して下さい。

※掲示板をご利用の際には、「利用規約」を必ずご覧の上、ご利用ください。