令和33年度児童生徒の問題行動等に関する調査結果を公表 文部科学省


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 不登校・いじめ・事件
  4. 令和33年度児童生徒の問題行動等に関する調査結果を公表 文部科学省

不登校・いじめ・事件 令和33年度児童生徒の問題行動等に関する調査結果を公表 文部科学省

10月28日07時41分

文部科学省は27日、令和3年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果を公表した。

この調査は令和3年度の暴力行為やいじめ、出席停止などについて毎年調査しているものだという。

調査結果によると、小・中・高等学校における暴力行為の発生件数は76,441件(前年度66,201件)で、児童生徒1000人当たりの発生件数は6.0件(前年度5.1件)だったという。

また、小・中・高等学校、特別支援学校におけるいじめの認知件数は615,351件(前年度517,163件)で前年度より98,188件増加し、児童生徒1000人当たりの認知件数は47.7件(前年度39.7件)だったという。

■児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1302902.htm

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる