不登校・いじめ・事件のニュース一覧 教育情報サイトeduon! http://eduon.jp/ 不登校・いじめ・事件のニュース一覧です。 ja The copyright of the materials belongs to the CYBRiDGE CORPORATION. unless stated otherwise. 2019-05-07T08:15:11+09:00 CYBRiDGE CORPORATION 教育情報サイトeduon! <![CDATA[ 児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップの結果を公表 文部科学省 ]]> 3月8日時点で面会ができておらず市町村、児童相談所又は警察に情報共有を行わなかった児童生徒等(10,417人)について、3月9日以降4月15日までの間にフォローアップを実施したという。

フォローアップでは「学校等の教職員による面会」「教育委員会職員等による面会」「その他関係機関による面会」を行い、虐待の恐れがある又は否定できない児童生徒等の情報を関係機関に共有したという。


■児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップ
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1416298.htm[記事全文]]]>
児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップの結果を公表 文部科学省 2019-05-07T08:15:11+09:00
<![CDATA[ 平成29年度児童生徒の問題行動等に関する調査結果を公表 文部科学省 ]]>
調査結果によると、小・中・高等学校における暴力行為の発生件数は63,325件(前年度59,444件)で、児童生徒1000人当たりの発生件数は4.8件(前年度4.4件)だったという。

また、小・中・高等学校、特別支援学校におけるいじめの認知件数は414,378件(前年度323,143件)で前年度より91,235件増加し、児童生徒1000人当たりの認知件数は30.9件(前年度23.8件)だったという。


■平成29年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/10/1410392.htm[記事全文]]]>
平成29年度児童生徒の問題行動等に関する調査結果を公表 文部科学省 2018-10-26T08:27:13+09:00
<![CDATA[ 平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の確定値を公表 文部科学省 ]]>
また、小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数は323,143件(前年度225,132件)と前年度より98,011件増加し、児童生徒1,000人当たりの認知件数は23.8 件(前年度16.5件)だったという。


■平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の確定値の公表について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/02/1401595.htm[記事全文]]]>
平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の確定値を公表 文部科学省 2018-02-26T08:55:22+09:00
<![CDATA[ 平成28年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果の速報値を公表 ]]>
発表によると、小・中・高等学校における暴力行為の発生件数は59,457件(前年度56,806件)で、児童生徒1,000人当たりの発生件数は4.4件(4.2件)だったという。

また、小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数はは323,808件(前年度225,132件)で、児童生徒1,000人当たりの認知件数は23.9件(前年度16.5件)だったという。


■平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」結果(速報値)について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/10/1397646.htm[記事全文]]]>
平成28年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果の速報値を公表 2017-10-27T08:04:02+09:00
<![CDATA[ 東日本大震災と原発事故で避難している児童生徒へのいじめについてのフォローアップ結果を公表 文部科学省 ]]> また、現在教育委員会、学校等において事実関係を調査中であるものが1件あるという。

平成27年度以前については、公立65件、私立5件、計70件で、うち東日本大震災か原発事故に起因するものは9件だったという。
また現在教育委員会、学校等において事実関係を調査中であるものが4件、平成28年12月時点で中学校、高校等を卒業している者が過去に受けたいじめの事案が5件、調査を行ったものの被害児童生徒を特定できなかったものが3件あるという。


■東日本大震災により被災した児童生徒又は原子力発電所事故により避難している児童生徒へのいじめの防止について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/04/1384374.htm[記事全文]]]>
東日本大震災と原発事故で避難している児童生徒へのいじめについてのフォローアップ結果を公表 文部科学省 2017-04-12T08:18:35+09:00
<![CDATA[ 平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の確定値を公表 文部科学省 ]]>
また、小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数は225,132件(前年度188,072件)で前年度から37,060件増加し、児童生徒1,000人当たりの認知件数は16.5件(前年度13.7件)だたという。


■平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の確定値の公表について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/02/1382696.htm[記事全文]]]>
平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の確定値を公表 文部科学省 2017-03-01T08:10:47+09:00
<![CDATA[ いじめ防止へ教材集 文科省 ]]> - See more at: http://www.shijyukukai.jp/2016/11/12829#sthash.D6Cev3Zu.dpuf[記事全文]]]> いじめ防止へ教材集 文科省 2016-11-21T08:33:33+09:00 <![CDATA[ いじめ事例集を作成検討 対策協議会提言受け 文科省 ]]> - See more at: http://www.shijyukukai.jp/2016/11/12738#sthash.2EotIJ2J.dpuf[記事全文]]]> いじめ事例集を作成検討 対策協議会提言受け 文科省 2016-11-07T08:27:46+09:00 <![CDATA[ いじめ対応、教員の「最優先業務」 情報共有は「義務」 ]]>
 有識者会議はこれまで、2013年施行の「いじめ防止対策推進法」に基づいて学校に常設が義務づけられた「いじめ対策組織」で、いじめの情報が共有されず、自殺など重大な結果を招いていると指摘してきた。同法施行後、いじめと自殺の関係の調査を終えた第三者委員会が12件中9件で情報共有の不足を指摘している。

 このため提言案では、学校内での情報共有を重視。同法に基づく「義務」であることを教職員に周知し、いじめへの対応を「最優先」とした。校長ら管理職には情報共有しやすい環境作りを求める一方、「教職員の日常業務は膨大」として、生徒指導の専任教員を置いたり、部活動の休養日を設けたりして、教員の負担を減らすことも求めている。[記事全文]]]>
いじめ対応、教員の「最優先業務」 情報共有は「義務」 2016-10-31T08:09:58+09:00
<![CDATA[ 平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果の速報値を公表 ]]>
また、小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数は224,540件(前年度より36,468件増加)で、児童生徒1,000人当たりの認知件数は16.4件(前年度13.7件)だったという。


■平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果(速報値)について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/10/1378692.htm[記事全文]]]>
平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果の速報値を公表 2016-10-28T08:29:19+09:00