大分県の公立高校の授業「美意識を磨く学習プログラム」にポーラが講師として授業を実施


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 高校
  4. 大分県の公立高校の授業「美意識を磨く学習プログラム」にポーラが講師として授業を実施

高校 大分県の公立高校の授業「美意識を磨く学習プログラム」にポーラが講師として授業を実施

配信元:私塾界 05月31日07時42分

株式会社ポーラ(東京・品川区、及川 美紀 代表取締役社長)は、大分県立日田三隈高等学校・大分県立宇佐産業科学高等学校の2校で実施される令和4年度「美意識を磨く学習プログラム」において、ポーラの「自己発見プログラム」が採用された事を発表した。

大分県教育庁高校教育課が主催した公募型企画提案競技(コンぺ)に応募し、決定したものとなる。ポーラは本年度、各高校で講師・スタッフとして、実際に授業を行いう。

「美意識を磨く学習プログラム」は、不確実なこの時代に生徒自らが自信をもって、自らを導いていくために、自己認識、自己発見プログラムを通して美意識(自分の想い・自分の軸)の種を探し磨いていくとともに、非認知能力を育成することを目的に、大分県教育庁高校教育課が考案した。

 プログラム受講後の生徒には、(1)自信がつき、自分の意見をより積極的に述べることができる(2)自分の軸(信念・価値観)が見つかり、人生における選択・判断に迷わず行うことができる (3)今後のキャリアなど迷いが生まれた際に、自ら内省することができる、このような変化が起こることを目指す。

 提供するポーラの企画は、ポーラの国内外の販売員教育を専門とする部署が人材開発のために行っている研修プログラムの経験を活かして開発したもので、「自分と他者と素直に対話し、抵抗感をなくす」「感受性を開く」「自己理解を深める」の3ステップで進路・将来に向けて自分の想い・軸を発見し、最後には将来の自分のビジョンを描ける状態を目指す。ゲーム感覚で楽しみながら自己内省を行うため、アートに触れたり、コラージュを作るなど、カリキュラムの多くはワークショップを実施する予定。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる