通信制ID学園高校が、河合塾グループと提携


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 高校
  4. 通信制ID学園高校が、河合塾グループと提携

高校 通信制ID学園高校が、河合塾グループと提携

配信元:私塾界 02月09日08時17分

学校法人郁文館夢学園が運営する広域通信制高校「ID学園高等学校(東京本部:東京・千代田区、渡邉 美樹 理事長)」は、株式会社河合塾マナビス(東京・千代田区、飯塚 拓 代表取締役社長)と提携し、株式会社河合塾マナビスが提供する映像授業および学習サポートをID学園高等学校の生徒が受けられるようになる。

2020年4月に開校したID学園高等学校は、学校法人郁文館夢学園が運営する通信制高校として、現在関東を中心に6つのキャンパスを開設し、1,200名以上の生徒が在籍している。学内アンケートでは9割以上の在籍生徒が進学を目標とし、8割以上が大学進学を目指して日々勉学に励んでいる。そのような背景の中、生徒の更なる学力向上と、教職員のより受験に特化した学習指導の強化をはかるため、日本全国に校舎を展開し、圧倒的な合格実績を誇る大手予備校 河合塾グループの「株式会社河合塾マナビス(以下河合塾マナビス)」との提携に至った。河合塾マナビスの「すべては一人ひとりの生徒のために」という理念と、ID学園の「子どもたちの幸せのためだけに学校はある」という教育理念が合致、生徒の幸せと夢実現という共通の目標達成に向け、きめ細やかな指導をしていく。

 今回の提携により、ID学園の生徒は河合塾マナビスが提供する質の高い映像授業を受講することができ、より受験に特化した学びをID学園内にて得ることができる。また、河合塾マナビスのもう一つの柱であるアドバイザーによる学習サポートに関しては、河合塾マナビスから研修を受けた専門の教職員がアドバイザーとして学習指導を行う。
・ID学園の希望生徒が河合塾マナビスの映像授業と学習サポートを受けることができる(対象生徒はID学園高等学校の「総合進学コース」「グローバルコース」「起業・ビジネスコース」のいずれかに在籍する生徒)
・ID学園教職員が河合塾マナビスのアドバイザーによる学習サポートの研修を受け、教職員の大学受験対策指導の強化を図れる
・様々な学習レベル、多様な生徒を個々に対応し一人ひとりに合った受験対策指導が可能となる

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる