リソー 名門会の新ブランド「MEDIC名門会」設立


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 学習塾・予備校・企業
  4. リソー 名門会の新ブランド「MEDIC名門会」設立

学習塾・予備校・企業 リソー 名門会の新ブランド「MEDIC名門会」設立

配信元:私塾界 01月11日08時20分

株式会社リソー教育(東京・豊島区、平野 滋紀 代表取締役)の子会社である、株式会社名門会(東京・豊島区、吉田 信司 代表取締役)は、医学部合格を目指す新ブランド「MEDIC名門会」を2022年3月に設立するにあたり、2021年12月23日(木)、記者会見を開催した。代表の吉田信司社長が、メディアに向け、名門会が大切にしている理念や、「MEDIC名門会」にかける思いを語った。

名門会は2003年、リソー教育の家庭教師部門が独立して誕生した。リソー教育の「すべては子供たちの未来のために」という理念のもと、”本物のサービス”を追究するため、「完全1対1」にこだわって個別指導を行ってきた。「個別指導形式の中では類を見ないほどに、進学実績を伸ばしていることが”本物のサービス”証左」と、吉田社長は語った。
 リソー教育の理念を踏まえ、吉田社長は「リソー教育が築き上げた指導体制ノウハウをそのままに、その価値を全国に広めていくことが、名門会の役割」と、名門会の位置づけをあらためて説明した。

「MEDIC名門会」の特長
「MEDIC名門会」では、”生徒””保護者””科目別の社会人プロ講師””教務サポーター”の4者がワンチームとなり、生徒の合格を徹底的にサポートします。なかでも教務サポートは、「MEDIC名門会」ならではの三本柱編成。(1)カリキュラムサポーター、(2)コンシェルジュ、(3)現役医学生のティーチングアシスタントによる分厚い支援体制で、生徒の合格を全面的・徹底的にバックアップする。
 カリキュラムは、合格までの中長期スパンで検討された「鳥瞰カリキュラム」と、直近に取り組む課題を形にした「週間スケジュール」の2軸を設定して学習を管理。スケジューリングには生徒も関わり、タイムマネジメント力も身につく。

「PDCAサイクルにおける”P(=計画)”はAIに代替できても、”Ⅾ(=実行)”を支えるのは人間にしかできない。それが名門会の強みでもある。手厚いサポートが生徒を人間的にも成長させ、日本社会への貢献にもつながる」と、あらためて名門会の使命に触れ、説明は締めくくられた。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる