株式会社みんがくがクラーク高等学院と生成AIを活用した「英作文指導」の共同研究授業を発表


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 学習塾・予備校・企業
  4. 株式会社みんがくがクラーク高等学院と生成AIを活用した「英作文指導」の共同研究授業を発表

学習塾・予備校・企業 株式会社みんがくがクラーク高等学院と生成AIを活用した「英作文指導」の共同研究授業を発表

配信元:私塾界 11月07日08時15分

株式会社みんがく(東京・目黒区、佐藤 雄太 代表取締役)は、専修学校クラーク高等学院札幌大通校(北海道・札幌市)と、生成AIを使った学習アプリ「スクールAI」による英語指導の共同研究授業を行うことを発表した。

「スクールAI」は、第20回 日本e-Learning大賞「経済産業大臣賞」を受賞した「NANDE」の基盤となるサービス。みんがくは、新たな教育の取り組みとして、専修学校クラーク高等学院札幌大通校と提携し、英作文を中心とした共同研究授業を実施する。個別最適型学習と協働学習への取り組みに生成AIを活用し、学生一人ひとりに最適なアドバイスを提供することを目指す。

 授業の詳細は、英作文を素材とする授業を実施する。英作文を組み立てる際に必要なアドバイスは、一人ひとり異なる。 個別最適型の学習の実現を目指し、習熟度に応じてアドバイスが段階的に自動生成されるシステム「スクールAI」を採用した授業を展開する。

 前半は個別の作業を行い、生徒はAIの支援を受けながら、英作文の作成に取り組む。作文内容やボキャブラリー、英文構成、作文構成のアドバイスが段階的に自動生成され、生徒が各自のペースで学習をすすめる。
 後半では協働学習を行う。生徒は、AIの役割を模倣して、他の生徒の英作文に対してアドバイスを提供。このプロセスは、生徒が自らティーチングの経験を積むことで、英語の基礎力を高めるだけでなく、協働学習や主体的に学習素材を調べる姿勢の育成につなげる。

今回の共同研究にあたって専修学校クラーク高等学院札幌大通校 教諭 福島啓友 氏は、
「AIが、学習者自身に適したティーチング・コーチングをしてくれる未来、「学習」に際しての「個別最適」の先生が、人間ではなくAIになっていくという未来を手繰り寄せたいと思います。ただ一方で私たち生身の人間に求められるものは何なのか、経験の共有によりお互いの知識や気持ちを知ること、不確かであっても対話を他者と構築していく力かもしれません。AIとの対話、人との対話を行ったり来たりする学習で少しでも道しるべを見つけたいです。」とコメントした。

株式会社みんがくは、「次世代の教育をスタンダードを創る」をビジョンに掲げ、「教育×テクノロジー」をテーマに現場課題と向き合う会社。全国の教育者が協力して運営していた合同オンライン自習室から始まったプロジェクトが発展し、会社となった。その後も、教育サービスの開発事業、教育機関へのコンサルティング・研修事業、教育メディア事業など「教育×テクノロジー」を軸に幅広く事業を展開している。現在では、生成AI×教育のサービス開発プラットフォーム「スクールAI」の開発に注力している。
URL:https://mingaku.net/company

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる