「Quick Teacher」を運営する株式会社Eddが、経済産業省が実施する「次代のEdTechイノベーター支援プログラム」に採択


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 学習塾・予備校・企業
  4. 「Quick Teacher」を運営する株式会社Eddが、経済産業省が実施する「次代のEdTechイノベーター支援プログラム」に採択

学習塾・予備校・企業 「Quick Teacher」を運営する株式会社Eddが、経済産業省が実施する「次代のEdTechイノベーター支援プログラム」に採択

配信元:私塾界 11月22日08時12分

株式会社Edd(東京・新宿区、釣田亮 代表取締役)は、経済産業省の実施する「令和5年度学びと社会の連携促進事業(教育/EdTechイノベーション創出支援事業)」の一環である「EdTechイノベーター支援プログラム(Edvation Open Lab:EOL)」に採択されたことを発表した。

Quick Teacher(クイックティーチャー)とは東大・京大・医学生などの講師陣 + AI先生から24時間365日学習サポートが受けられるリアルタイム個別指導サービス。導入後すぐに全教科・全科目指導可能な体制が完備されるため、講師不足の解決をはじめ、人件費の削減、コミュニケーション量の増加、生徒の理解度・満足度の向上につなげることが可能となる。Quick Teacherは、「分かる総量を増やして学びのスパイラルを生み出す」というビジョンを掲げ、全国の学習塾を対象にサービスを提供している。

 クイックティーチャーは、生徒一人ひとりの「つまずきの鮮度」を大事に24時間体制でサポートしている。導入方法、活用事例、料金体系などは以下のお問い合わへ。

お問い合わせフォーム
▶HP:https://quickteacher.jp/#contact

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる