地域探求ができる、ガイドブック制作授業プログラム「地域の歩き方」が11月末より販売開始


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 学習塾・予備校・企業
  4. 地域探求ができる、ガイドブック制作授業プログラム「地域の歩き方」が11月末より販売開始

学習塾・予備校・企業 地域探求ができる、ガイドブック制作授業プログラム「地域の歩き方」が11月末より販売開始

配信元:私塾界 11月29日08時37分

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川、宮原 博昭 代表取締役社長)のグループ会社、株式会社 地球の歩き方(東京・品川、新井 邦弘 代表取締役社長)は、近畿日本ツーリスト株式会社(東京都・新宿区、瓜生 修一 社長)と、「地域探求」をテーマとした中高生対象の初の授業プログラム「地域の歩き方」を共同企画した。

「地球の歩き方」が長年培ってきた編集ノウハウを学校授業向けにアレンジし、テキスト化および動画化した地域探求をテーマとした、全国の公立・私立の中学・高校で導入いただける授業プログラム。ガイドブック制作には①「課題の設定」②「情報の収集」③「整理・分析」④「まとめ・表現」のプロセスが必要であり、これらは学校教育における探究学習に通ずる点に着目した。専門的かつ汎用的でありながら、広く学校環境に合わせられるよう先生主体で進行いただく授業構成となる。各プログラムをサポートするワークシートやレクチャー動画も用意しているため、先生はファシリテーションやアドバイスを中心として、専門知識の必要なく授業を展開できる。

 プログラムでは「地球の歩き方」仕様のテンプレートを利用する。生徒はガイドブック制作を通し、編集者・読者双方の視点で地域を見つめ、自ら設定したテーマに向けて取材(情報収集)を行う。集められた情報は、限られた誌面の中で整理され、読み手の興味を意識した表現により、ガイドブックとして情報発信される。“地域を学び、人と接し、自分たちの言葉で情報を伝達する”。生徒のより深い学びのため、修学旅行や各種遠征、課外授業等で教育現場に密接に携わる近畿日本ツーリストが、販売と導入をサポートする。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる