タブレットでそろばん式暗算を習得するアプリ「そろタッチ」がオランダへ初進出


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 学習塾・予備校・企業
  4. タブレットでそろばん式暗算を習得するアプリ「そろタッチ」がオランダへ初進出

学習塾・予備校・企業 タブレットでそろばん式暗算を習得するアプリ「そろタッチ」がオランダへ初進出

配信元:私塾界 12月06日08時21分

そろタッチを開発する株式会社Digika(東京・千代田区、橋本 恭伸 代表取締役社長)は、蘭塾(オランダ、有田 千枝 代表)が運営する蘭塾アムステルフェーン校で2023年12月からそろタッチコースを開講することを発表した。オランダにおけるそろタッチ導入は蘭塾が初となり、そろタッチは世界16カ国・地域の教室進出を達成した。

■現地の教育事情
 開講地域であるアムステルフェーンは、オランダ国内でも数多くの国際家庭が集まる地域であり、多様なインターナショナルスクールがある。また、アムステルダムにある ⽇本⼈学校に通う生徒たちの多くが住む町でもある。これらの学校に通う⽣徒たちからは、帰国後の⽇本の学校システムへのスムーズな移⾏や、受験・編⼊試験対策のための数学学習の需要が⾼まっている。
 一方で、オランダの教育体系では留年や飛び級が柔軟に取り入れられ、生徒たちの個々の能力に合わせた教育が重視されている。しかし、計算能力に対する教育は他の科目ほど重視されておらず、高校卒業時の計算力の低下が教育の課題となっている。
 蘭塾では、このような教育環境において、そろばんの楽しさと計算力の向上を結び付ける「そろタッチ」プログラムを導入することで、生徒たちが数学をより深く理解し、楽しむための新しいクラスを開始する。これにより、生徒たちが国際社会で成功するための強固な基盤を築く手助けとなることを目指している。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる