ヒューマンスターチャイルド、hugmoと連携し、保育園にIoT検温サービスを導入


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 幼児教育
  4. ヒューマンスターチャイルド、hugmoと連携し、保育園にIoT検温サービスを導入

幼児教育 ヒューマンスターチャイルド、hugmoと連携し、保育園にIoT検温サービスを導入

配信元:私塾界 12月17日08時19分

神奈川県を中心に認可保育所を運営するヒューマンスターチャイルド株式会社(横浜市、川下 裕左 代表取締役)は、ソフトバンクの子会社で、子育て関連のクラウドサービスを手掛ける株式会社hugmo(東京・港区、湯浅 重数 代表取締役社長)と連携し、当社の認可保育所24園にIoT機能を搭載した検温サービス「hugsafety(ハグセーフティ)スマート検温」を導入することを決定した。

2021年1月より順次トライアル導入を実施し、2021年4月より本格導入を進める。コロナ禍における園児の健康管理の効率化とともに、保育現場における働き方改革の一環として、保育園におけるICT化の推進を図る。

「hugsafety スマート検温」は、インターネットに接続された体温計と専用アプリを使い、3秒で体温を測定し、クラウドに記録することができるサービス。保護者が使用する連絡帳アプリと連携することで、家庭と共有することが可能になる。株式会社hugmoの調査によると、脇にはさむタイプの体温計での検温・連絡帳への記録業務で1人あたり約30秒かかっていた業務を、「hugsafetyスマート検温」では6秒で完結させることが可能で、80%の効率化を実現。保育士らの負担を軽減することができる。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる