小中学生の携帯持ち込み禁止 教育再生懇談会が報告書素案


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 中学校
  4. 小中学生の携帯持ち込み禁止 教育再生懇談会が報告書素案

中学校 小中学生の携帯持ち込み禁止 教育再生懇談会が報告書素案

12月18日19時35分

 政府の教育再生懇談会(安西祐一郎慶応義塾長座長)は16日、小中学生の携帯電話利用に関する報告書の素案をまとめた。
小中学生に、必要のない限り携帯電話を持たせないための取り組みとして、保護者や学校の協力を促す。

素案には「小中学校への原則持ち込み禁止」を明記。「3年後をめどに施策全体の検証を行い、法的措置を含め必要な対応策を迅速に講ずることを要請する」と法制化も検討している。

 素案は、携帯電話が「子どもの生活習慣を乱れさせ、対人関係の希薄化を招いている」とし、利用制限の必要性を強調。

 原則的には携帯電話は必要ないとしたうえで、安全確保のため持つ場合は、有害サイトに接続できず、認定されたサイトのみを閲覧できる「ホワイトリスト」方式のフィルタリングサービスの利用などを提案している。他にも、情報を適切に利用するリテラシー教育の徹底や、家庭内でのルール作りを行うことなども提案した。

 再生懇は今年5月の第1次報告で携帯電話の使用制限をうたい、具体策を練っていた。提言は2009年1月、麻生首相に提出する予定。

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる