不登校・ひきこもりの生徒たちがフリーマーケットで「企画・製作・販売」に挑戦


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. その他
  4. 不登校・ひきこもりの生徒たちがフリーマーケットで「企画・製作・販売」に挑戦

その他 不登校・ひきこもりの生徒たちがフリーマーケットで「企画・製作・販売」に挑戦

配信元:私塾界 12月23日07時50分

伊藤幸弘塾(東京・世田谷区、伊藤 幸弘 代表)は、東京・世田谷区下北沢にある不登校・ひきこもり・非行・家庭内暴力に悩む青少年向けの全寮制のフリースクール。ボランティア活動の一環として、生徒たちは2019年12月14日(土)・15日(日)、今回2回目の参加となる下北沢駅前でフリーマーケットで、自分たちで企画・製作したタピオカドリンクやクリスマスリースを販売した。

【URL】http://www.ito-juku.jp/

実施概要
イベント名:続編 下北沢駅前でフリーマーケットにてタピオカドリンクやクリスマスリースの企画・製作・販売を経験
開催日:令和元年12月14日(土)・15日(日)
会場名:東京都 世田谷区 下北沢駅前

実施した内容
令和元年12月14日(土)・15日(日)下北沢駅前にて、フリースクールの生徒たちは、ボランティア活動の一環として、子どもたちによって結成された地域貢献ボランティアチーム「サポートチルドレン」のフリーマーケットの手伝いをした。子供たちが社会の中で多くの学びを得て、就労感を得ることが出来た。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる