文科省が休校解除の選択肢を明示 小1.6と中3から登校先行の可能性


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. その他
  4. 文科省が休校解除の選択肢を明示 小1.6と中3から登校先行の可能性

その他 文科省が休校解除の選択肢を明示 小1.6と中3から登校先行の可能性

配信元:私塾界 05月11日08時16分

文部科学省が4月30日、新型コロナウイルスの影響で長期化している休校の解除を巡り、小1・小6・中3の3学年の登校を先行させる案を選択肢として示す方針を固めた。学校では密閉、密集、密接の「3密」条件がそろいやすく、登校再開を段階的に行うことで、感染拡大を防ぐ狙いがある。

小6と中3は、受験や卒業を控えているため、翌年度に休校で足りなくなった授業時間を補うことができない。小1は、学校での集団生活に慣れ始める時期であることなどから優先度が高いと判断。

 文科省は政府の専門家会議の見解を踏まえ、学校再開時の考え方を近く公表し、学校の設置者である全国の教育委員会などに参考にしてもらう。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる