atama plus、シリーズBラウンドで約51億円の資金調達 創業4年で累積調達額は約82億円に


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. その他
  4. atama plus、シリーズBラウンドで約51億円の資金調達 創業4年で累積調達額は約82億円に

その他 atama plus、シリーズBラウンドで約51億円の資金調達 創業4年で累積調達額は約82億円に

配信元:私塾界 07月26日07時31分

atama plus株式会社(東京・品川区、稲田 大輔 代表取締役CEO)は、シリーズBラウンドで約51億円の資金調達を実施したことを発表した。本ラウンドでは、既存投資家であるDCMベンチャーズ、ジャフコ グループに加え、新たにシンガポールのテマセク・ホールディングス傘下のPavilion Capital、米運用会社大手のT. Rowe Priceなどを引受先としている。今回の増資により、2017年4月の創業以降、金融機関からの融資を含む累積調達額は約82億円となった。

atama plusは、「基礎学力」習得にかかる時間を短くし、「社会でいきる力」を養う時間を増やすことを目指し、AIで学習を個別最適化する「atama+(アタマプラス)」を全国の塾・予備校に提供している。駿台グループやZ会グループなどで導入され、2017年7月の提供開始から4年で導入教室数は2500以上となった。

 コロナ禍においては、自宅でも使えるatama+ Web版を開発し、生徒の学びの継続を支援してきた。加えて、2020年7月に受験後すぐに復習につなげられるオンライン模試の提供を開始、12月には立命館とともにatama+の学習データを活用した入試企画を検討する共同研究会を立ち上げた。 今回の資金調達により、プロダクト開発の速度をあげるとともに、顧客支援体制を強化することで、より多くの生徒によい学習体験を届けていく。また、マーケティング活動への投資により、生徒・保護者の方々へのatama+の認知・利用拡大を目指す。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる