中国大型ロケット「長征5B」 無制御で大気圏に再突入 残骸が地上に到達


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. その他
  4. 中国大型ロケット「長征5B」 無制御で大気圏に再突入 残骸が地上に到達

その他 中国大型ロケット「長征5B」 無制御で大気圏に再突入 残骸が地上に到達

配信元:私塾界 08月05日07時30分

中国の大型ロケット「長征5B」のコアステージ(大型ブースター)が7月31日の未明(日本時間)、インド洋上空で大気圏に再突入した。

長征5Bは7月24日に打ち上げられ、人工衛星のモジュール「問天」打上げの役目を終えた後、残骸がそのまま放棄されていた。中国が同ロケットを放置状態で落としたのは、この2年で3度目となる。懸念されていた地上への被害はなかった。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる