JR西日本×東急電鉄×京王電鉄×大阪市立デザイン教育研究所×大阪公立大学「こども隙間転落防止プロジェクト VOL.3」を開始


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. その他
  4. JR西日本×東急電鉄×京王電鉄×大阪市立デザイン教育研究所×大阪公立大学「こども隙間転落防止プロジェクト VOL.3」を開始

その他 JR西日本×東急電鉄×京王電鉄×大阪市立デザイン教育研究所×大阪公立大学「こども隙間転落防止プロジェクト VOL.3」を開始

配信元:私塾界 07月24日08時19分

西日本旅客鉄道株式会社、東急電鉄株式会社、京王電鉄株式会社は、大阪市立デザイン教育研究所、大阪公立大学と協働して「こども隙間転落防止プロジェクト VOL.3」を、2023年7月20日から開始する。

JR西日本、東急電鉄、京王電鉄では、ホーム先端部の塗装や、ホームと列車の隙間が大きい箇所への櫛状ゴム(転落防止ゴム)の設置など、ホームの安全対策を進めている。「こども隙間転落防止プロジェクト」は、2021年9月にJR西日本がデザイン研究所、大阪市立大学(現在の大阪公立大学)と協働し、これまでの保護者への啓発活動に加え、子供自身に列車乗降時のホームと列車の「隙間」を認知することを目的として開始し、2022年2月から東急電鉄が参画した。第3弾となる今回は、京王電鉄が新たに参画し、5者でプロジェクトの推進に取り組む。

 第1弾・第2弾に引き続き、このプロジェクトでは、デザイン研究所が「こわいけどおもしろい」「こわいけど気になる」という心理に注目して創作したオリジナルキャラクター「スキマモリ」を起用し、鉄道3社が保有する交通媒体やデジタル媒体などでポスターの掲出や動画の配信する。また、スキマモリ専用のSNSの活用やYouTube公式チャンネルでの啓発動画の配信などを積極的に実施し、より多くの利用者に隙間転落を認知できるよう啓発活動を実施する。

 なお、大阪公立大学によるアンケート調査などから、隙間転落の認知度と安全意識の高さに相関関係があることが確認されており、このプロジェクトを通じて東西の鉄道会社が協働し各エリアで情報発信をすることで、子供の更に安全な鉄道利用を推進していく。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる