大学1年生男子3名が考案した日々を攻略する手帳「クエスト手帳」を伊藤手帳が製品化


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. その他
  4. 大学1年生男子3名が考案した日々を攻略する手帳「クエスト手帳」を伊藤手帳が製品化

その他 大学1年生男子3名が考案した日々を攻略する手帳「クエスト手帳」を伊藤手帳が製品化

配信元:私塾界 12月08日08時26分

伊藤手帳株式会社(名古屋市、伊藤 亮仁 代表取締役社長)は、自分に自信をつけるために日々を攻略する手帳「クエスト手帳」の完成品発表会を12月21日(木)14時より愛知大学名古屋キャンパス講義棟L306教室にて行う。

「クエスト手帳」は伊藤手帳と愛知大学キャリア支援センターの産学連携プログラム「Z世代の大学生が使いたくなるCF手帳プロジェクト」で誕生した。日々を攻略する手帳「クエスト手帳」は12月21日(木)に行われる完成品発表会を経て、同日より伊藤手帳のECサイト「ユメキロック本店」で予約販売を開始する。

 発案者は愛知大学経済学部(経済学科) 柘植 駿輔さん、現代中国学部(現代中国学科)山田 翼さん、法学部(法学科)今村 凌久さんの大学1年生3名の「ダイバーシティ」チーム。11月9日のプレゼン選考会で最優秀賞を獲得った。その発案企画をもとに伊藤手帳が製品化を行った。

▼完成品発表会について
●日時:12月21日(木)14:00~16:00
●会場:愛知大学名古屋キャンパス講義棟L306教室
〒453-8777 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60−6

●当日の流れ
1.愛知大学キャリア支援センター名古屋キャリア支援課 キャリア教育係長 後藤 憲浩によるプログラムの狙い 挨拶
2.クエスト手帳 企画考案者(学生)による完成品発表プレゼンテーション
3.新製品クエスト手帳 開封の儀
※梱包された状態の手帳を学生が開封し、初お披露目をします
4.伊藤手帳代表取締役社長:伊藤亮仁 製品化に関する想い/産学連携3年目における事業シナジー
5.フォトセッション

【クエスト手帳考案背景】
クエスト手帳は愛知大学1年生(男子)3名(ダイバーシティチーム)により企画が考案されました。
考案にあたって日本の大学生が抱える問題を提起しました、
<問題1>日本の大学生は諸外国と比較して「自分に自信を持っている」人が少ない。
参照元:内閣府が令和元年に発表した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」
「自分に長所を持っている」と回答した日本人は16.3%。調査対象国の中で最低の結果。
<問題2>手帳を使用する大学生が少ない
ダイバーシティチームの自主調査によると大学生が手帳を使う割合が少ない。

このような背景から、自分の長所を発見し自信を持つことを手帳で実現できないか?と考えた。また手帳を使う大学生が少ないことから、書く事にゲーム性を持たせ楽しく取り組めるアイデアを盛り込んだ。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる