大阪・夢洲の海洋プラスチックに着目した高校生チーム 新“お土産”づくりプロジェクトで環境にやさしいお菓子を提案


その他大阪・夢洲の海洋プラスチックに着目した高校生チーム 新“お土産”づくりプロジェクトで環境にやさしいお菓子を提案

2020年01月06日07時37分

株式会社バンタン(東京・渋谷区、石川 広己 代表取締役会長)は、全校産官学協同プロジェクトとして、大阪府と企業が立ち上げたOSAKAもの・ことづくりラボと連携し、高校生を含む東京校・大阪校の在校生約300名が大阪の新名物となる“お土産”の企画を提案。優秀作品を決める最終審査会が12月17日(火)に大阪府庁にて開催され、商品化に向けて取り組みを進める最優秀作品が決定した。

[記事全文]