YouTubeで講義を公開 京都大学


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. YouTubeで講義を公開 京都大学

大学 YouTubeで講義を公開 京都大学

04月09日10時45分

 京都大とネット検索最大手の米グーグルは8日、同社傘下の世界最大規模の動画投稿サイトYouTubeで講義や教材などの動画の無料公開を始めたと発表した。YouTubeによる講義の配信は、明治学院大(東京)、嘉悦大(同)に次いで3番目で、国立大学としては初の試みとなる。

 YouTubeによる動画配信は、同大学が進めるオープンコースウェアプロジェクトの一環によるもので、京都大学では3月上旬より徐々に動画を追加、4月8日時点で医学部の教材で用いられた手術映像や講演会の様子、ロボットを使った農作業の映像など動画約200本を追加し、この日の一般公開に至った。

 オープンコースウェアは、2001年に米マサチューセッツ工科大学が始めたプロジェクトで、講義をオープンにすることで人類の知識を広げていこうとするもの。京都大学でも学長の強い意向により、2005年からスタートさせている。これには、人類の知的資産の蓄積に貢献するとともに、同大学の視認性を高め、世界中から優秀な教員や学生を集めたいという狙いがある。

 当面、これまでの公開分をユーチューブで配信し、将来はすべての講義を対象にするという。

 京大学術情報メディアセンターの土佐尚子教授は「学問は学内に閉じ込めておくものではない。共有してこそ価値がある」と話す。米グーグル副社長の村上憲郎・グーグル日本法人社長は「専門性の高い動画を見たいという利用者の要望に応えたい」としている。

■関連サイト
京都大学オープンコースウェア
http://jp.youtube.com/KyoDaiOcw

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる