iPSで血液難病を再現、京大が成功


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. iPSで血液難病を再現、京大が成功

大学 iPSで血液難病を再現、京大が成功

配信元:私塾界 08月06日08時13分

京都大iPS細胞研究所の江藤浩之教授らは、血小板が生まれつき少ない難病患者の皮膚細胞からiPS細胞を作り、病気の様子を再現する実験に成功した。

iPS細胞を血液のもとになる細胞に成長させたところ、患者の細胞からは血小板や赤血球はほとんどできなかった。発症メカニズムの解明や治療薬の開発に役立つとみる.。難病は「先天性無巨核球性血小板減少症」。生まれたときから血液中の血小板が少なく、赤血球も減っていく。骨髄移植をしないと数年で亡くなることが多い。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる