京大・望月教授「ABC予想」を証明、論文掲載へ


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. 京大・望月教授「ABC予想」を証明、論文掲載へ

大学 京大・望月教授「ABC予想」を証明、論文掲載へ

配信元:私塾界 04月06日08時21分

現代数学で最も難問とされる「ABC予想」を証明したとする京都大数理解析研究所の望月新一教授の論文が、同研究所の編集する専門誌「PRIMS」(ピーリムズ)に掲載されることが決まった。

ABC予想は、素因数分解と足し算・かけ算との関係性を示す命題のこと。論文は、斬新さと難解さから論文の内容チェックに8年かかったが、その正しさが認められることになった。

■ことば解説:ABC予想
 1985年に欧州の数学者が提示した整数論の問題。「a+b=c」となる互いに素な(1以外に共通の約数を持たない)正の整数a、bとその和cについて、それぞれの互いに異なる素因数の積(d)を求める。このとき「c>dの1+ε乗(εは正の実数)」となるようなa、b、cの組は「たかだか有限個しか存在しない」とする予想。ABC予想が証明されると、「フェルマーの最終定理」など他の難問も簡単に導き出すことができ、数学界で今世紀最も重要な業績になるとされ、世界の数学者が証明に取り組んでいる。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる