順天堂大学とセルソース、エクソソームを用いた脳梗塞後遺症・パーキンソン病の治療について共同研究を実施


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. 順天堂大学とセルソース、エクソソームを用いた脳梗塞後遺症・パーキンソン病の治療について共同研究を実施

大学 順天堂大学とセルソース、エクソソームを用いた脳梗塞後遺症・パーキンソン病の治療について共同研究を実施

配信元:私塾界 06月14日08時07分

順天堂大学(新井 一 学長、大学院医学研究科神経学 服部 信孝教授、上野 祐司准教授、常深 泰司准教授)とセルソース株式会社(裙本 理人 代表取締役社長CEO)は、エクソソームを含む細胞分泌物(セクレトーム)を用いた、脳梗塞後遺症・パーキンソン病における新規治療開発について共同研究契約を締結した。

エクソソームは生体の細胞から分泌される小胞。細胞間の情報伝達の役割を担っており、細胞に対し様々なはたらきを促す機能を持つ。医療においては創傷治癒や炎症抑制、細胞再生等の効果が期待されており、疾患治療へ応用するための研究が世界中で進められている。
 順天堂大学とセルソースの共同研究は、重度の運動障害を引き起こす可能性がある脳梗塞後遺症やパーキンソン病に対し、エクソソームを含むセクレトームを用いた治療の安全性・有効性を検討する。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる