追手門学院大学と長崎県西海市が包括連携協定を締結


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. 追手門学院大学と長崎県西海市が包括連携協定を締結

大学 追手門学院大学と長崎県西海市が包括連携協定を締結

配信元:私塾界 06月25日07時31分

追手門学院大学(大阪・茨木市、真銅 正宏 学長)と長崎県西海市(杉澤 泰彦 市長)は「食農や観光などの分野において相互に協力し、地域社会の発展、学術研究の進化、及び人材の育成に寄与する」ことをめざした包括連携協定を2021年6月29日に締結する。

追手門学院大学は地域の課題を多角的に探究する『地域創造学部』を2015年に開設し、2020年4月には「食」と「農」をテーマに農業ビジネスや地域振興を学ぶ『食農マネジメントコース』を新設している。今後、同学部での農業ビジネスを学ぶ就農体験やフィールドワークをはじめ、他の学部も含めて、地域活性化を担う現地企業へのインターンシップなどを通して地域活性化につながる実践的な学びの場の創出を検討していく。

 長崎県、西海市は農林水産業の振興を重要政策に掲げ、遊休農地の解消と生産性向上を図る農地の大区画化や、安定就農と新規就農者を増やすための就農支援制度の創設など、農林水産業の活性化を図ることで市の人口増加を目指す取り組みに力を入れており、連携によって人的交流も含めた更なる活性化を狙いとしている。

 今回、西海市が大学と連携協定を締結するのは初となり、追手門学院大学にとっても九州にある自治体と連携協定を行うのは初めて。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる