広島大学と東広島市、ソフトバンク株式会社と株式会社フジタそれぞれと包括的な連携推進に関する協定を締結


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. 広島大学と東広島市、ソフトバンク株式会社と株式会社フジタそれぞれと包括的な連携推進に関する協定を締結

大学 広島大学と東広島市、ソフトバンク株式会社と株式会社フジタそれぞれと包括的な連携推進に関する協定を締結

07月09日08時18分

広島大学(広島県東広島市)は2日、東広島市とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区)、株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区)とそれぞれ東広島市及び周辺地域におけるSociety5.0やスマートシティの実現などを主な内容とする、包括的な連携推進に関する協定を締結したと発表した。

それによるとこの協定は、イノベーションを創出する環境の整備や学術研究、人材育成、産官学連携などにより、Society 5.0及びスマートシティの実現とその海外展開を推進し、国内及び世界の発展に寄与することを目的としているという。

ソフトバンク株式会社とは、それぞれが保有する人材や知見、テクノロジーなどを掛け合わせてイノベーションの創出を推進し、他の自治体や海外で応用できる事例を生み出すことを目指し、株式会社フジタとは、「街づくり」の実績とノウハウ、防災・環境などのICT技術、などを提供することで、誰もが健康で生活をエンジョイできるスマートシティの実現を目指すという。


■東広島市及び周辺地域におけるSociety 5.0やスマートシティの実現などに向けた包括的な連携推進に関する協定を締結しました(ソフトバンク株式会社)
https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/65485
■東広島市及び周辺地域におけるSociety 5.0やスマートシティの実現などに向けた包括的な連携推進に関する協定を締結しました(株式会社フジタ)
https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/65486

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる