桐蔭横浜大学 新設する現代教養学環の学校推薦型・総合型選抜で「マネージャー推薦」「マネージャー自己PR」も 


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. 桐蔭横浜大学 新設する現代教養学環の学校推薦型・総合型選抜で「マネージャー推薦」「マネージャー自己PR」も 

大学 桐蔭横浜大学 新設する現代教養学環の学校推薦型・総合型選抜で「マネージャー推薦」「マネージャー自己PR」も 

配信元:私塾界 08月17日08時00分

桐蔭横浜大学に新設される現代教養学環では、学校推薦型・総合型選抜で受験生の探究活動や文化・芸術活動、地域貢献活動に加えて、マネジメント経験を評価する方針を決定した。

学校推薦型選抜では「マネージャー推薦」、総合型選抜では「マネージャー自己PR」に相当するもの。現代教養学環に設置される「マーケティング学コース」や、特徴的な授業形態である「プロジェクト学習」に適応性の高い入学者を発掘する狙いがある。入試出願時の推薦理由(推薦型)、自己PR(総合型)として、これらの経験を認める。

 スポーツの強豪高校では、優れた運動選手がスカウトもしくはセレクションを経て大学に推薦入学するルートが確立しており、受け入れる大学側も自校の運動部強化のメリットがある。半面マネージャーにはそうしたスポーツ推薦の恩恵がなく、同じ3年間の努力が評価されにくい傾向がある。桐蔭横浜大学・現代教養学環の今回の試みは、こうした状況に対し、部の運営に携わったマネジメント経験を評価しようとするものだ。選手の活躍を支えるために、裏方として取り組んできた経験は、実社会のなかでも活かせることが多いはず。Jリーガーを毎年輩出するサッカー部、日本一の経験もある大学野球の強豪校である桐蔭横浜大学にとっても初めての試みとなる。

 現代教養学環は同大学にとって初めての学部等連携課程として発足する、学部相当の教育課程である。既存の法学部、医用工学部、スポーツ健康政策学部(2023年よりスポーツ科学部)の3学部連携により誕生した、同大学で唯一の文理融合型の教育組織。

 桐蔭横浜大学・森朋子学長は「部活動等でのしっかりとしたマネジメント経験は、探究活動や文化・芸術活動、地域貢献活動と同じく、胸を張れる実績です。自信を持ってアサーティブ(自己主張・自己表現)し、出願してほしい」と語る。

桐蔭横浜大学現代教養学環のHP:https://tuy.toin.ac.jp/as/
インスタグラム:https://www.instagram.com/toin.arts_sciences/

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる