筑波大学、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史機構長が「ブレークスルー賞」を受賞と発表


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. 筑波大学、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史機構長が「ブレークスルー賞」を受賞と発表

大学 筑波大学、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史機構長が「ブレークスルー賞」を受賞と発表

09月26日07時58分

筑波大学(茨城県つくば市)は22日、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)機構長の柳沢正史教授が、自然科学における国際的な学術賞「ブレークスルー賞」を受賞したと発表した。

発表によると柳沢教授は、新規生理活性ペプチド「オレキシン」を発見し、過眠症「ナルコレプシー」の病態を解明したという。さらにそれが過眠症と不眠症の治療薬に結び付いた実績が評価され、米スタンフォード大学のEmmanuel Mignot博士とともに今回受賞となったという。

ブレークスルー賞は2012年創設されたもので、基礎物理学、生命科学、数学部門で毎年、受賞者を選定していて、生命科学部門で日本人の受賞は4人目だという。


■柳沢正史 機構長が「ブレークスルー賞」を受賞
https://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/news/3044/

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる