アドビ、早稲田大学にAdobe Acrobat Signを導入し、学内手続きの押印廃止と学内外における承認プロセスの見直し、電子化を促進


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. アドビ、早稲田大学にAdobe Acrobat Signを導入し、学内手続きの押印廃止と学内外における承認プロセスの見直し、電子化を促進

大学 アドビ、早稲田大学にAdobe Acrobat Signを導入し、学内手続きの押印廃止と学内外における承認プロセスの見直し、電子化を促進

配信元:私塾界 09月27日07時50分

アドビ株式会社(東京・品川区、神谷 知信 代表取締役社長)は、学校法人早稲田大学(東京・新宿区、田中愛治 理事長)がアドビの電子サインサービス「Adobe Acrobat Sign」を導入したことを発表した。

早稲田大学は、創立150周年を迎える2032年に向けた中長期計画”Waseda Vision 150”を実現するうえで、3か年ごとの計画として情報化重点施策を策定・実行し、先進的なICTの効果的・効率的な活用による教育研究および大学運営のデジタル・トランスフォーメーションを推進している。また、2022年4月からは、”Waseda Vision 150″のプロジェクトの一つとして「職員業務トランスフォーメーション推進プロジェクト」がスタートし、学生・保護者・校友・教職員が、いつでもどこでも、よりはやく、より簡単に、やりたいことを実現できるスマートなサービスの提供と、それを支える柔軟な運営体制の構築を推進している。

 学内手続きの押印廃止と学内外における承認プロセスの見直しを図るため、Adobe Acrobat Sign を採用した。採用にあたっては、職員自身がMicrosoft Power Platformのフローに組み込むことで、学内外との承認プロセスを迅速に行い、教員・学生・校友等のステークホルダーに対するサービスの向上、業務の効率化が実現できることが評価された。

 早稲田大学は今後、Adobe Acrobat Signをはじめとした各種ツールを活用し、バーチャル相談窓口やオンライン手続きによる時間・空間を問わないサービスなど、Smart Universityの実現に向けた取り組みを展開する予定だ。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる