ライオン×青森県黒石市×弘前大学の共同研究  歯並びの状態と日常の生活習慣や癖が関係する可能性を確認


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. ライオン×青森県黒石市×弘前大学の共同研究  歯並びの状態と日常の生活習慣や癖が関係する可能性を確認

大学 ライオン×青森県黒石市×弘前大学の共同研究  歯並びの状態と日常の生活習慣や癖が関係する可能性を確認

配信元:私塾界 10月25日07時56分

ライオン株式会社(掬川 正純 代表取締役社長)は、青森県黒石市と国立大学法人弘前大学と共同で、黒石市内の全小学校を対象に、子供の歯並び(歯列)と生活習慣の関係性に関する調査研究を実施した。

この調査は、口を起点とした健康増進に向けた取組みの一環として、2019年から2021年までの3年間で実施。調査結果から、「歯と顎の大きさが合わずに歯が部分的に重なる状態(叢生)と口呼吸」、「叢生と猫背」に関連性がある可能性が認められました。このような市内全小学校を対象とした経年調査は、全国としてもめずらしい試みとなる。

 ライオン株式会社は、口から健康寿命への貢献を目指した取組みを実施している。
 歯並び(歯列)やかみ合わせ(咬合)が悪いと、咀嚼に影響が出るだけではなく、例えば、歯が重なった部分が清掃しにくくなり、むし歯などに罹患するリスクが高くなる可能性がある。成長過程における歯並びや咬合の悪化については、この時期の生活習慣や癖との関連が指摘されていますが、科学的エビデンスは不十分な状況だ。
 そこで、歯並びへの影響が大きい永久歯への生え変わり時期である小児期に着目し、姿勢や生活習慣との関係性を明らかにすることを目的に、調査研究を実施に至った。この研究は、2015年に健康都市宣言を掲げ、学校における健康教育に積極的な取組みを実施している黒石市、健康長寿社会に対する研究に取組む弘前大学と共同で実施した。


 黒石市内の全小学校3年生~6年生の児童を対象に、2019年から2021年の3年間で実施した。年度ごとに歯並び状態の写真を撮影し、立ち姿勢の測定データや生活習慣・癖に関するアンケート、学校歯科健診データとの関連性を分析した。歯並びの状態については、文献情報を元に判定基準を設定し、歯列不正の状態を判定した。姿勢については、立ち姿勢判別システムを活用し、猫背や反り腰の判別をした。生活習慣アンケートについては、対象となる児童の保護者に、児童の口まわりの状態や習慣、食事に関する癖や習慣等を中心とした設問に回答を貰った。
 複数年参加された児童の保護者には、口のケアに関する意識・行動変容についてのアンケートにも回答を得た。

 この調査は、乳歯から永久歯への生え変わりが進み、歯並びの状態が比較的安定してくる小学5、6年生を対象に解析した。その結果、解析対象とした児童の半数以上が歯列不正を有し、その中でも、歯と顎の大きさが合わずに歯が部分的に重なる状態(叢生)の割合が最も多いことが確認されました。

 さらに、立ち姿勢の測定データから、猫背と判別された児童において、叢生の割合が高い傾向が確認された。また、生活習慣のアンケート結果から、睡眠時に「口がよく開いている」、「時々開いている」と回答した児童において、叢生の割合が有意に高い結果となった。

 調査で得られた結果は、調査に参加いただいた学校における口腔保健指導や各家庭へのフィードバック等に活用され、学童期からの健康づくりに役立てている。この取組みは2年間の継続が決定しており、今回の調査で見出した歯並びと生活習慣や癖の因果関係を明らかにする予定だ。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる