同志社女子大学と医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)連携・協力の推進に関する協定を締結


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. 同志社女子大学と医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)連携・協力の推進に関する協定を締結

大学 同志社女子大学と医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)連携・協力の推進に関する協定を締結

配信元:私塾界 12月12日08時14分

同志社女子大学(京都・京田辺市・京都市、小﨑眞学長)は、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)と、両者の特性・強み及び資源を活かし教育・研究・医療に関して連携・協力するため、協定を締結する。

調印式の概要
■日時:2023年12月18日(月)15:00~16:00 (受付開始14:30)

■場所:国立健康・栄養研究所 3階 TV会議室
(大阪府摂津市千里丘新町3-17健都イノベションパークNKビル)

■出席者(予定)
・調印者
NIBIOHN 理事長 中村祐輔
同志社女子大学 学長 小﨑眞

・その他出席者
NIBIOHN 理事/国立健康・栄養研究所 所長 瀧本秀美
NIBIOHN 研究支援部長 清水昌毅
NIBIOHN 総務部次長 嶋田敏志
同志社女子大学 学術情報部長 川崎清史
同志社女子大学 生活科学部 教授 小切間美保
同志社女子大学 総務部長 小島隆久

協定要旨
1.目的
 同志社女子大学とNIBIOHNは、両者の特性・強み及び資源を活かし教育・研究・医療に関して連携・協力することによって、学術研究を促進させ、健康、栄養及び医療分野における専門知識を有した社会貢献できる人物の育成を行う。これにより、我が国の医療、健康及び栄養分野の専門人材の充実、学術及び科学技術の発展・継承に寄与することを目的とする。

2.連携協定に基づく連携・協力事項
・教員、研究者及び関連する職員の交流
・学生、研究生等の交流
・健康・栄養学及び医科学分野における学術、研究連携
・臨床現場への介入研究を想定した、研究者、学生等の参画体制の構築
・連携講座への参画
・研究資料、刊行物及び研究情報の交換
・研究施設・設備の相互利用
・研究資源の相互利用
・研究成果物の管理活用
・その他本協定の目的を達成するために必要な事項

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる