サイバー大学が令和6年能登半島地震で被災した入学予定者、在学生の学費等を免除する特別奨学金制度を導入


  1. 教育情報サイトeduon!ホーム
  2. 教育ニュース
  3. 大学
  4. サイバー大学が令和6年能登半島地震で被災した入学予定者、在学生の学費等を免除する特別奨学金制度を導入

大学 サイバー大学が令和6年能登半島地震で被災した入学予定者、在学生の学費等を免除する特別奨学金制度を導入

配信元:私塾界 02月27日08時20分

サイバー大学(川原 洋 学長、福岡市東区)は、2024年2月22日より、令和6年能登半島地震で被災した入学者、在学生へ学習の機会を継続的に提供するため、学費負担を必要としない特別奨学金制度を導入した。

●令和6年能登半島地震で被災した入学者、在学生を対象に特別奨学金制度を導入
●新入生は、卒業までにかかる授業料および学習にかかる諸費用すべてを無償とする
●在学生は、2024年4月以降、卒業までの授業料および学習にかかる諸費用を無償とする※適用条件あり

導入の背景および目的
 サイバー大学は「情報革命で人々に学習の機会を」を理念とし、時間や場所等の個人の環境や条件を問わず、勉学に意欲のある多くの人に幅広く質の高い学修機会を提供し、社会の形成者として有能な人材を育成することを目標に掲げている。
 また、国連総会で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)の目標4「質の高い教育をみんなに」に対し、デジタルテクノロジーを駆使した「開かれた大学」として、生涯にわたって誰でも希望する教育が受けられるよう環境づくりに努めている。
 令和6年能登半島地震は地域に非常に大きな被害をもたらした。同学は就学希望者への復興支援の必要性を鑑み、被災地特別奨学金制度の導入を決定した。被災地域に居住する就学希望者が平時とは異なる状況においても進学を断念することのないよう、また、今後復興を遂げる過程で環境が変化しても学修を継続することができるよう、通学を一切必要としないフルオンライン大学である同学の特長を活かして支援する。

制度概要
(1)対象地域
 災害救助法適用地域(石川県・富山県・新潟県・福井県)※第2報まで
(2)対象者
 ①2024年度入学者(春学期生・秋学期生)・2025年度入学者(春学期生)
 ②2024年度に本学に在学している学生(新入生除く)
 ※正科生のみ(科目等履修生・特修生等は除く)
(3)内容
 ①2024年度入学者(春学期生・秋学期生)・2025年度入学者(春学期生)
  入学から最大6年間、124単位履修分等を全額免除
 ②2024年度に本学に在学している学生(新入生除く)
  卒業までの学費等を全額免除
(4)申請期間および申請方法
 詳しくは以下に記載の入試係までお問い合わせください

※出願者の入試合否判定および制度適用の可否は学内で審査・判定する。
※今回の被災による影響で、同学への出願・受験に際し配慮が必要な場合は、事前に相談へ。

私塾界

掲示板 このニュースについて掲示板のトピックを立てる