M7以上の大地震を発生1時間から20分前に予測する手法を開発 京都大学研究グループ


大学M7以上の大地震を発生1時間から20分前に予測する手法を開発 京都大学研究グループ

2016年10月06日08時27分

京都大学(京都府京都市左京区)は3日、複数のGPS観測局から電離圏の電子数異常を捉えマグニチュード7以上の大地震を発生1時間から20分前に予測する手法を開発したと発表した。

[記事全文]